担当者コラム

Porsche Macan S Catback Exhaust
久々の更新です (-_-;;; 輸出向けで Porsche Macan S 用スポーツエキゾーストの開発を進めておりまして・・・生産治具、マスターモデルが完成しました。触媒後からの交換となりまして・・・純正の排気バルブも流用が可能、テールパイプはカーボン製とチタンテール製がお選び頂けます。メインサイレンサーも純正マフラーと比べ小型化されメインがステンレス製ではありますが大幅な軽量化も実現しております。ベースラインが完成しましたので今後はパワーチェックをして・・・サウンドファイルの収録、撮影を行い開発作業は完了となります。

for Porsche Macan S 型式:ABA-95BCTM
メイン径:70−50φ 出口:101φ×4
近接排気騒音:100dB

価格は決まり次第またご報告させて頂きます!!
2016/08/30
Mercedes BENZ A45 AMG Down Pipe with Sport Cat
ターボエンジン車のチューニングパーツとして開発し・・・発売中の ARQRAY MOTOR SPORT Down Pipe with Sport Cat ですが http://www.arqray-motorsport.com/products_exhaust/sport_catalyzer/index.html 少ないラインナップながらもお陰様で大変ご好評を頂いております。そのチューニングパーツに新製品が追加に・・・新たに開発したのは Mercedes BENZ A45 AMG 用で350セルのスポーツキャタが装着され純正以上の排気効率を実現しております!! 撓みのないパイプレイアウトとすることで排気の流れをスムーズにマフラー部分へ導き中・高速域でのレスポンスと吹け上がりを体感できます。まだまだ少ないラインナップではありますが、引き続き開発を継続してターボエンジン車の性能アップパーツとして皆様へご提案していきます。詳しくは・・・弊社ホームページ http://www.arqray-motorsport.com/index.html をご覧になって下さい。
2016/07/15
Hyundai Velostar
弊社のマフラーラインナップの中では設定していない車種が多数あります。その中の1つがこの Hyundai Velostar です!! 中国(北京)の代理店から依頼を受けて開発したのですが・・・日本には開発車輌がないので現地にて開発してようやく販売をスタートできました♪♪ 日本のように騒音規制がそれほどうるさくない海外なので内部構造もシンプルな設計となってます。写真を見て頂ければストレート構造になっているのが分かって頂けるかと・・・砲弾型サイレンサーで排気効率もアップさせてますが・・・見ためもスパルタン!! テールはバンパーにカッターが固定されている関係で・・・見ためのデザインを変えることはできませんが(汗)純正のスタイルを生かしつつ、迫力を増したスポーツサウンドを奏でながら乗ることができます。日本には導入されていない1台なのでこのマフラーを販売することもありませんが・・・中国ではそこそこの台数があるようなので代理店に頑張って売っていただこうと思います( ☣ฺ_ゝ☣ฺ)フフ・・・

Special Thanks
Beijing decorsa http://www.decorsa.com.cn/
2016/03/01
ARQRAY MOTOR SPORT コラム始めます!!
本日より・・・ARQRAY MOTOR SPORTコラムが始まります!!
こちらのコラムでは製品に関すること、テスト風景、開発風景、生産などなどご紹介していきますのでよろしくお願い致します m(_ _)m

スポーツマフラーに関して・・・基本現車を入庫させて試作品、冶具を作成し生産していきますが、一部日本で販売されていない車種もあり現地にて開発することもあります。この BMW F18 520Li(ロング)は日本では販売されていない車種で中国向けに市販化されているようで・・・リアマフラーのみであれば日本仕様で装着は可能ですが・・・センターパイプの全長が異なりますので現地にて開発作業をして生産しております(汗)海外では日本のように騒音規制がそれほどうるさくなく、一部の国では日本と同様に騒音規制があるようです。中国向けに関しては・・・基本(大音量仕様)にて開発して対応しておりますが、音の(大)(小)に関しては好みもあって難しいので結構苦労しておりますが・・・ここ最近では排気バルブがあってリモコン等で切り替えして音量の違いを出すこともできます。まっ・・・日本でもこの手のシステムがあり販売はされているかと思いますが、加速騒音に対応させるとバルブをつけて音量の違いを出すことが難しいです。加速騒音82dB以下という基準がある以上、対応させても違いも出ないですし・・・ひどいと純正以下、同等の音量となってしまいます。なので日本仕様と輸出仕様と分けることでお客様が購入時にどちらのマフラーが良いかお選び頂けるようにしております。ARQRAY MOTOR SPORT ブランドで発売しておりますスポーツマフラーは輸出仕様となり・・・国内の基準には対応しておりませんので車検対応品に関しては ARQRAY ブランドのスポーツマフラーをご購入下さい。ARQRAY MOTOR SPORT スポーツマフラーは今後もサウンド、性能を意識したスペックで開発、販売していきますのでサーキットテストなども行う予定でおります。もちろん・・・シャーシダイナモでのテストも行い、性能比較データも収集していきたいと思ってます。スポーツサウンドを奏でるマフラーを作り続けます・・・・

ARQRAY MOTOR SPORT Exhaust System
http://www.arqray-motorsport.com/products_exhaust/index.html
2016/02/15
前ページ 次ページ